2013年07月04日

Show and Tell

Show & Tell

Our kindergarteners have show and tell time every week.

Show and tell gives kindergartners the opportunity to share their interests and showcase personal toys or collectibles that are important to them. Especially for shy students, who may have trouble expressing themselves, show and tell provides a structured platform for communicating with classmates. The practice helps young children with important verbal and listening skills so they develop a positive self-image and learn to interact with peers and teachers. Show and tell benefits all types of students, giving outgoing, friendly students an opportunity to stand in the spotlight and offering shy or laid-back students a chance to express themselves in a confidence-boosting environment.

Show and tell encourages kindergartners to develop good listening skills so they learn to respect and appreciate their peers. During show-and-tell time, kindergartners learn to ask relevant questions and consider their classmates values and interests. Show and tell stimulates the thinking process and opens little minds to a wide range of diverse concepts.


キンダーガーデンの子どもたちはShow and Tell の時間が毎週あります。
"Show and Tell"とは、園児がお気に入りの品物(おもちゃや、本、写真など)を持参し、みんなの前に立ちクラス全員にその品物について発表する時間です。
英語圏で取り入れられている教授法の一つです。

自分のお気に入りの品物をみんなに見せてシェアーし、その品物が何か、どこで手に入れたか、どんな思い出があるか、なぜそれを気に入っているか等を発表します。

子どもたちは自分を表現する喜びを知り、自信を持ってみんなの前で発言する力をつけます。発表者の話が終わったら、みんなは手をあげて質問をしたり、コメントをしたり、感じたことを相手に伝え、友達を尊敬する心を育てます。

発表者は質問に答え、お互いにコミュ二ケーション能力を高め、プレゼンテーション能力、自分に自信を持つことを学びます。
子どもたちは自分の順番が来るのを今か今かと、とっても楽しみにしています。
おうちで練習をしてくる子もいて、嬉しそうに自信を持ってお話をしてくれます。
聞いている子供たちも興味津々、たくさん質問をします。

これからの国際社会を生きていく子どもたちには自分の考えや意思を相手に伝える能力が不可欠でしょう。また、伝えるだけでなく、相手を尊重し理解し合う力が大切です。NWISの子どもたちはしっかりとその能力を育てています。067.JPG020 (3).JPGCIMG8024.JPG



posted by Rika at 14:17| Program プログラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする